様々なデザインが多い|貴重なダイヤモンドを使った指輪は早めに注文しておこう

貴重なダイヤモンドを使った指輪は早めに注文しておこう

様々なデザインが多い

花嫁

ウエディングドレスについては、19世紀に白のウエディングドレスが定着するまで特に中世ヨーロッパではさまざまな色のカラードレスが用いられていました。 現在のようなカラードレスが普及したのは、戦後の高度経済成長期からバブル景気において、ブライダル市場の急速な西洋化が進んだからです。特にホテルなどで大規模な披露宴をする人が増えてきており、そのなかで花嫁の大きなイベントとして、ウエディングドレスからカラードレスへのお色直しが一般的に行われるようになりました。カラードレスは、デザインや色に対して制限がないため、新婦の好みをもっとも反映できるものであり、そしてお色直しはゲストにとっても披露宴の楽しみの一つです。

ウエディングドレスからカラードレスへのお色直しは大変人気です。その理由としては、洋装から洋装へ着替えるため、時間がかからなかったりヘアメイクなどの大胆なアレンジが必要ないため、中座の時間が少なくてゲストとより触れ合うことができるからです。 カラードレスの特徴としては、ウエディングドレス以上にバリエーションが豊富であることです。自分に似合う色を選択するだけでなく、ゴージャスなものからシンプルなものまで数多くありますので、会場の雰囲気などと合わせて選ぶことも必要です。露出については、ウエディングドレスとあわせることによって、ドレスの下に着用するブライダルインナーをそのまま使用することができるなどの特色があります。